うつ病で1年以上ニートだった23歳がスプラトゥーンに人生救われた話

人生救われた話

僕はニートでした。

鬱になって仕事を辞めて、彼女に振られ、実家で毎日食っちゃ寝生活をしていました。

それがスプラトゥーンに出会ったおかげで、病気が治るわ友達増えるわ仕事に就けるわ彼女ができるわで人生がガラッと変わりました。

今日はそんな話を聞いてほしいと思います。

転職活動に使った転職エージェントの話はこちら

ニートだったけどワークポートを使ったら簡単に転職できたから紹介する

2018.04.05

どれだけブラックだったかという話はこちら

新卒入社したIT企業がどれだけブラックだったかという話

2018.05.20

ニートになった理由

新卒で入社した会社の基本給が8万円だった

基本給8万円だったんですよ。マジで。職種はシステムエンジニア。
まあ、いろんな手当がいっぱいついて手取り16万ぐらいにはなっていましたが。

 

入社したとたんに研修もなく現場へ出向。いわゆる特定派遣のお仕事でした。

 

偉い人の話だと、現場に出ている人間は偉い!すごい!自社に残っている人間は在庫!コストでしかない!
と言われていたのですぐに現場に出られた僕はすごいんだなとちょっとドヤ顔でした。

 

その会社、人間関係はとっても良くて皆仲良しだったんです。

 

その理由は、共通の敵がいるから。

 

共通の敵は、社長。みんな基本給8万円なので毎日飲みに行って社長の愚痴を垂れてました。
話したことが無い人でも、社長の愚痴を言えばすぐに仲良くなれました。

 

それでも、辞める人は多かったです。毎月2人は辞めていっていたように思います。

 

僕は愚痴を垂れているだけで、辞めるなんて一ミリも考えられていませんでした。
残業代は出るし、うちはブラックじゃないんだろうなぐらいに思っていました。

残業時間が多くなる

1ヶ月で100hを超える残業をする毎日が半年は続きました。

 

それをやっていた頃は、自分に任された仕事だ、終わらせないとやばい。
そう思って必死にやっていました。必死にやった分だけ褒められたし、自分の力になった気もして気分は良かったです。

 

残業代も頑張った分もらえたので懐は少し暖かくなりました。

 

でも、一旦仕事が落ち着いてから、体がおかしくなっていったんです。

体調不良の日が多くなる

ある朝から毎日腹痛に襲われるようになりました。
駅に向かおうとすると腹が痛い。トイレに行く回数が増えました。

 

ある朝から眠気が取れなくなりました。1日8時間寝ても眠い。

 

仕事中に居眠りをしてしまう。眠眠打破を飲んでも効かない。

 

客先へ出て仕事をしているわけですから、当然寝ているやつがいるとクレームが入ります。
小さい会社だったので、社長から直々に怒られます。

 

怒られるのは嫌なので、眠気を取る努力をできるかぎりしたつもりです。でも眠たい。キーボード叩きながら寝てしまう。
気付いたら画面は「あああああああああああああああ」でいっぱいです。

 

怒られる・治そうとする・治らない・怒られる・治せない

 

負のループに入ってしまったんです。

 

明日も居眠りしてしまったらどうしよう。そう考えて布団に入る日が続きました。

 

当然眠りは浅くなり、寝坊する日が増えました。

 

社長から
お前、ちょっと頭の病院に行った方がいいんじゃないか

と馬鹿にしたようなニュアンスで言われたのを覚えています。

正直いっぱいっぱいだったので、本当に精神病院へ行って診断を受けました。

 

すると、「うつ病」の診断が出てしまったんです。

事実上のクビ

うつ病になった人間を現場に置いておくわけにはいきません。

 

常駐していた客先はすぐにクビになり、自社へと戻されました。

 

自社には仕事はありませんから、退職願を書くように促され、退職してしまいました。

 

その日から僕はニートになりました。

実家に帰ってニート生活

彼女とのすれ違い

僕には学生時代から付き合っていた彼女がいました。

 

彼女とは遠距離で、都会と田舎で会う回数も2~3ヶ月に1回会えるかどうかでした。

 

鬱病になったことをきっかけに、彼女に電話をしたんです。

こういう状態だから、仕事を続ける元気がない。地元に帰るから彼女の家に住まわせてくれないか。

彼女と一緒に過ごせばそのうち元気になれるかなと思ったんです。

 

彼女は二つ返事でいいよと言ってくれました。

 

とても嬉しかった。理由も聞かずにOKするなんて信頼されているんだなと。

 

その言葉を信じて、都会から田舎へ戻り、彼女と久々に会うことができました。

 

その時、こんな会話がありました。

「いいよとは言ったけど、親に話していないから両親にOKをもらってからでもいい?」

 

「確かに男女が同じ家に住むのなら親への挨拶も必要か、じゃあ僕も一緒に行くよ」

 

「いや、それはいいよ、私が一人で話するからちょっとまってて」

待ってろって言われたから待つ。

 

実家へ帰って引きこもり生活を1ヶ月した。

 

連絡はこなかった。

 

2ヶ月目に突入した。

 

連絡はこなかった。

 

3ヶ月目に突入した。

 

こっちから連絡した。

やっぱりニートと一緒に暮らすのは無理だわ。鬱病とかマジ無理

まじかよ。ふられた。

何にもやる気がしない毎日

それからというもの、何をするにもやる気がわかず全てが面倒になってしまいました。
ベッドから起きるのも、飯を食うのも風呂に入るのも面倒。親に言われていやいや飯を食う生活。

 

飯を食い終わったらすぐにベッドに戻り、スマホで2chまとめサイトを見るだけ。
何もしない。ただだらだらするだけ。でも、仕事をしないといけないなという想いだけはありました。

 

想いだけで、やる気がわかない自分にイライラしてしまう。
なぜ自分はできないんだろうと。なぜ昔はできたのにできなくなってしまったのかと。
ベッドでごろごろしながら、そう考える日々が続きました。

スプラトゥーンに出会った

発売日に兄貴がWiiUごとスプラトゥーンを買ってきた

2015年5月28日、僕がいつものようにベッドの上でごろごろしていたあの日。スプラトゥーンに出会った。

 

兄貴がスプラトゥーンをWiiUごと買ってきたんです。

これ、ゲーム実況みてたらスゲー面白そうだから買ってきた!俺よりお前がゲームうまいからプレイを見せろ!どうせニートなんだから暇だろ

そう言われて、鬱病で何にもやる気にならなかった僕がスプラトゥーンを始めました。

 

スプラトゥーンめちゃめちゃおもしろいやんけ!

何をするにも無気力で、笑顔も、食欲もなく、何を話しかけてもから返事だった僕が笑顔を作れるようになったんです。

 

話をできるようになったんです。おなかが空くようになったんです。毎日毎日スプラトゥーンをするのが楽しくて早起きするようになったんです。

 

スプラトゥーンの話をしたくなってTwitterを始めて、ナワバリバトルで何度も戦った相手を検索してフォローしました。

 

Skype等で会話をするのは苦手だったけど、文字だけでなら会話するのは楽で、たのしかった

友達ができた

Skype通話を始める

仲良くなってくると、苦手なSkypeでも楽に話せるようになりました。

 

スプラトゥーンで遊んでいるときだけでなく、寝るまでずーっと通話しているときもありました。
ネットの世界はニートで引きこもりの僕でも何の偏見もなく友達として扱ってくれて、暖かかった。

 

自分がニートだってことは話していなかったけど、バレてたと思います。
朝から晩までゲームやってりゃバレバレですよねw

親友となる男と出会う

そんな中、後に親友となる男に出会ったんです。

 

仮にA君としましょう。
A君はとても良いやつで、よく喋るしよく笑う。僕の悩みを聞いてアドバイスをくれる日もありました。

 

そんな彼とチームを組んで、大会に出ようという話になり、毎日ガチマッチの練習をしました。

 

A君は仕事をしているのに毎日深夜まで練習に付き合ってくれて、練習の合間にいろんな話をしました。

 

仕事をやめてニート状態なこと。彼女にふられて悲しかったこと。前に住んでた家の近くのラーメン屋がうまかったこと。

 

そんな話をしていると、A君が

そのラーメン屋俺も知ってるぞ、俺の家の近くにあるぞ

と言うんです。

 

驚きました。僕が鬱になる前に住んでいた家の近所にA君は住んでいるんです。

 

親近感がすごく湧きました。そこからどんどん仲良くなっていきました。

 

あそこのラーメン屋はまずいとか、あのデパートがそこにあるとか、あの駅のあの場所がやばいとか。

 

どうでもいい話がすごく楽しかった。

 

そんな話を毎日していたら、A君に会ってみたくなった。

仕事を始めた

都会へ舞い戻る

A君に会うついでに、また都会で仕事をしようと思いました。

 

仕事が見つかるまで、A君の家に泊めてやると言われ、ほいほい泊まりに行きました。

 

汚いワンルームでしたが、男二人の生活が、毎日がとても楽しかった。

 

昼間はワークポートを使って就職活動をし、夜はA君の帰りを待ってご飯を作り、専業主婦のような生活を2ヶ月ぐらい続けました。

ワークポートを使った就職活動の詳しい話はこちら

ニートだったけどワークポートを使ったら簡単に転職できたから紹介する

2018.04.05

新しい仕事が見つかった

新しい仕事もシステムエンジニアでしたが、基本給は22万円。

 

前職とは大違いの待遇でした。

 

面接してくれた社長には、ニートだったことも、なんでニートになったのかも、なんでまた都会に戻ってきたのかも全部話しました。

 

社長にその話を気に入ってもらえ、新しい仕事が決まりました。

彼女ができた

スプラトゥーンで出会った彼女ができた

ニート時代からスプラトゥーンで一緒に遊んでいて、仲良くなった女の子がいたんです。

 

その子が都会に出てくるというので、人生初のオフ会をすることになりました。

 

声は通話で聞いていて知っていたんですが、顔を見るのは初めてだったのですごく緊張したのを覚えています。

 

リアルで会っても、会話はSkypeでしていることそのまんまで、すぐに緊張はほぐれました。

 

遊んで、食べて、話して、とっても楽しい時間でした。

 

やっぱり男は単純で、女がいると元気になるんだなーって思った瞬間でした。

まとめ

鬱病になってニートになって彼女に振られたけど、スプラトゥーンに出会ってから鬱病治るわ仕事は見つかるわ親友できるわ彼女はできるわで人生救われた話でした。

 

一時期は気分が落ち込んでどうしようもない日々が続いたこともありましたが、今は毎日楽しく生きていけてるなーって思います。

 

ゲームばっかりやっててもいいことないぞって話が多いですが、僕はゲームに、スプラトゥーンに人生を救われたと思っています。

 

あの時スプラトゥーンに出会っていなかったら、こうはなっていないでしょう。

今も楽しくスプラトゥーン2やってます。仕事もゲームもどっちも楽しめるぐらいの余裕がないと人間だめなんだなって思いました。

 

スプラトゥーンが発売されてから2年以上たった今でも、A君とは飲みに行ったりお互いの家を行き来してゲームする仲で、なんでも話せる大事な親友です。

以上、うつ病で1年以上ニートだった23歳がスプラトゥーンに人生救われた話でした。

仕事のことで悩んでいる方へ、良かったらこちらも読んでみてください。僕のもうひとつのブログです。
会社に行くのが辛いときは傷病手当金をもらいながら転職を考えよう

スプラトゥーン攻略記事が下にあるので、よかったらそちらも読んでいってください!

スプラトゥーン2グッズ

関連商品まとめ

自分語り

スプラトゥーンに出会って人生救われた話

サーモンラン

ルールとクリアするコツ

立ち回り関連記事

ナワバリバトル編

メンタル編

ウデマエ編

ガチエリア編

ガチヤグラ編

ガチホコ編

ガチアサリ編

ブキ考察関連記事

ローラー

ブキ対策

サブウェポン

ギア考察関連記事

サブインク効率アップ

爆風ダメージ軽減

イカニンジャ

11 件のコメント

  • スプラトゥーンへの愛がある記事を書かれるなぁって思っていたのですが、そういうことだったんですね。
    何事も出会いなんですね。何が自分を救ってくれるかなんてわからないものですね。
    カーボン使いとしてはすごく参考になっているので、今後も記事がアップされるのを楽しみにしています^^

  • 爪楊枝さん
    とっても励みになるコメントありがとうございます!
    当時はゲームするぐらいしかできなかったんですが、ゲームでもいろいろな出会いがあって、人との繋がりって大事なんだなと思いました。
    その言葉、嬉しいです。これからもがんばります!

  • スプラ下手なので上手くなれる記事ないかなと思い、漂ってて、なんとなく読んだ記事でしたがいい話でうるっときました!
    私もゲームで知り合った友達とたまに連絡とりますが、そういう仲間は共通の話題があっていいですよね^ ^
    これからも記事書き応援してますm(_ _)m

    • アヤパパさん
      コメントありがとうございます!
      ゲームでもなんでも、仲間は大事だなって思います。
      応援ありがとうございます!これからもがんばります。

  • 友達にガチマッチの攻略探したらあるよって言われてググッたらたまたま見つけて読ませてもらいました。あたしも躁うつ病の経験者で2年前に仕事の関係で患ったので、勝手に少し親近感が湧きました笑
    つい最近、友達がswitchとスプラを持っててさせてもらって楽しかったから始めたのがきっかけでしたけれど、躁うつ病と一緒に患った過食嘔吐がずっと治らなくて悩んでました。ですが、スプラ始めて気づいたらかなり落ち着いてました。家にいても誰かと繋がって遊べるっていうことが幸せなんだなって思います。人付き合いが苦手でひとりの時間が多いからこういう時間が欲しかったってのもあるのかなって感じてます。
    て、勝手にあたしの重い話ぶっ込んですみません。。
    ランクを早くB-にして友達とガチマッチにしたいので、攻略参考にさせてもらいますね!
    長々とありがとうございました(●´ω`●)

    • SYK*[TTT]さん
      コメントありがとうございます!
      共感していただいて、とっても嬉しいです。仲間が増えた気持ちになりました笑
      誰かといる時間は大事ですが、一人の時間も同じように大事ですよね。

      スプラトゥーンっていいゲームですね!

  • これ結構誰にでも当てはまる話だと思う。俺も今年度に学校のクラスのやつ数名から無視をされ始め、その人数がだんだんと増えていき、最終的にはクラスのやつらのの4分の3とまともに話ができなくなった。成績も振るわなくなって来て、運動面でも突き放されて落ち込んでいた。そして今日学年末試験が終わってスプラ2をした。そしたら不思議と元気が湧いて来た。なんかこう、学校に行くのが嫌じゃなくなった。気分が晴れてくる。このゲームは落ち込んだ時にやると元気になれる。やはりスプラトゥーンは神ゲー。素晴らしい。

    • AAAMKさん
      コメントありがとうございます!
      逃げが悪いっていう言葉が、何かに没頭して嫌なことを忘れてはいけないという足かせになっているんじゃないかと僕は思います。
      自然界の動物は死にそうな時は何も考えずにただ逃げ出すように、人間も逃げ出して悪いことなんか何もないんだと言いたいです。

      ゲームだから、〇〇だからと馬鹿にされても、俺はこれが大好きなんだと胸を張って言えるそんなスプラトゥーンを愛していきましょう!

  • 俺はこーゆう出来事はありませんが、スプラトゥーンというあなたにとってはまるで、雷雨から晴天へと天気を変えてくれた神のようなゲームが出て良かったですね❗️これからも頑張って!

  • 元気でました。ありがとうございます

    スプラトゥーンは楽しいですよね下手くそですが大好きです

  • スプラの無印からやってます!
    なかなかウデマエ上がらないなぁと思って検索していたら辿り着きました。

    自分にも、何年も定職につけていない弟がいるのですが、
    未だに家族の中でも浮いてしまっていて、気軽に話しかけることすらできないでいます。
    この記事を拝見して、筆者様のお兄さんのように接してあげることができていれば、
    たとえゲームでも何かが変わるきっかけになるんだと
    教えていただきました。

    仕事もゲームも家族のことも、前向きに頑張っていける気がしてきました!
    この記事と出会えて本当に嬉しく思っております。
    ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。